日本3Dプリンティング産業技術協会への入会はコチラへ

電話でのお問い合わせ

TEL.045-548-3800

入会のご案内

入会申込み

  • 所定の入会申込書に必要書類(申込書に記載)を添付して、当協会 代表理事宛にご提出いただきます。
  • 入会申込書には、法人/団体会員の場合は、会員代表者と窓口担当責任者を明記してください。
    個人会員の場合は、ご本人様を明記ください。
    (入会後も変更ある時は、速やかに変更届をご提出下さい。)
    会員代表者は、法人又は団体の代表者として、本会に対してその権利を行使する1人の方です。
    窓口担当責任者は、協会からのご案内・連絡等の窓口となっていただく方です。
    ご入会後の各種ご案内、ご連絡は、窓口責任者宛に行なわせていただきます。
  • 入会については、理事会の承認事項となっています。
    理事会の開催は月に1度ですので、お申込から理事会承認までの扱いについては以下のように致します。
    入会申込書を受理後、事務局で仮審査を実施し、理事会に上申することが決定した時点で、「仮入会」とさせていただき、入会仮承諾のご通知とともに初年度の会費と入会金を請求させていただきます。
    理事会の承認と初年度会費と入会金の入金を持って正式入会とし、入会承諾書を発行いたします。
    (万一、初年度会費お支払い後に、理事会にて入会が否決された場合には、速やかに返金致します。)
    会員名簿への記載は、正式入会となり入会承諾書を発行する時点となります。

入会金

会員規定より抜粋

第2条 当協会の正会員は、下記の通りとする。
(1)法人会員 当協会の目的に賛同して入会した法人
(2)団体会員 当協会の目的に賛同して入会した団体
(3)個人会員 当協会の目的に賛同して入会した個人
2   法人会員には、会費の金額によってA級、B級、C級、D級を設ける
(1)A級 売上高1億円未満
(2)B級 売上高1億円以上30億円未満
(3)C級 売上高30億円以上100億円未満
(4)D級 売上高100億円以上
3   売上高非公開の法人会員は従業員規模でA級、B級、C級、D級を規定する。
従業員一人当たりの売上高を1千万円とみなし、売上高を規定する。
4   法人会員は、初年度に限り、法人会員準級になることができる。
準級とは入会に際して、初年度の費用負担を軽減したもので、2016年10月1日より実施する。但し、必ずしも準級になる必要はない。
第3条 当協会の入会金と会費は、会員の種別に応じて、次に掲げるところによる。
会員レベル 入会金(円) 年会費(円) 議決権
法人会員準級 10,000 24,000 1
法人会員A級 30,000 96,000 2
法人会員B級 50,000 144,000 3
法人会員C級 90,000 240,000 4
法人会員D級 200,000 360,000 5
団体会員 30,000 96,000 2
個人会員 10,000 24,000 1
2 年度の中途で入会した会員のその事業年度の会費は、原則として月割りとして入会の当月からその事業年度末までの月数に相当する金額とする。この場合において、百円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。
3 法人会員準級は1年度目だけの経過措置で、2年度目は本来の法人会員が属する級となる。2年度目からの年会費は該当する年会費を支払い、また2年度目に各級の入会金から法人会員準級の入会金を差し引いた額を支払うものとする。
第4条 会員は毎年4月に1年分を前納するものとする。